MaaS(Mobility as a Service)の現状と展望 ~デジタル技術と新たなビジネスモデルによる「移動」の再定義〜(日本政策投資銀行)

MaaS(Mobility as a Service)の現状と展望 ~デジタル技術と新たなビジネスモデルによる「移動」の再定義〜(日本政策投資銀行)

「MaaS界隈で今、何が起こっているのか?」

そんな疑問の解決に役立つ情報を、『MaaS Now(マースナウ)』は日々お届けします。

本日ご紹介するMaaS関連レポートは、2018年11月に日本政策投資銀行が発表した「MaaS(Mobility as a Service)の現状と展望 ~デジタル技術と新たなビジネスモデルによる『移動』の再定義〜」です。

概要

「未来投資戦略2018」の中でも重点分野とされているのが「次世代モビリティ・システムの構築」です。大きな視点で「モビリティ」を捉えるならば、自動車だけではなく、鉄道、航空、物流など様々な産業で、近年注目されているAI、ビッグデータ分析、APIなどの技術と組み合わされることにより、新たなビジネスのかたちを創り出そうとする動きがあります。
本稿では、通称「MaaS(Mobility as a Service)」と呼ばれるモビリティの変革について概要を整理します。また、国内や海外での取り組みを紹介し、今後の展望や課題について考察します。

出所:日本政策投資銀行

構成

  • MaaS(Mobility as a Service)とは
  • MaaS分野に関連する国内の状況
  • MaaSは社会にどのようなインパクトを与えるのか
  • MaaSで使われる技術
  • MaaSの分類と「サービス統合型」MaaSの市場形態
  • MaaSの先進事例(フィンランド Whim)
  • 自動車分野におけるMaaSの動向
  • 自動車分野におけるMaaSの動向(海外)
  • 自動車分野におけるMaaSの動向(国内)
  • 鉄道分野におけるMaaSの事例(国内)
  • 日本におけるMaaSの課題と展望

レポート全文は下記URLからご覧いただけます。
https://www.dbj.jp/ja/topics/report/2018/files/0000032052_file2.pdf

レポートカテゴリの最新記事