2019年1月16日のMaaS関連記事

2019年1月16日のMaaS関連記事

「MaaS界隈で今、何が起きているのか?」

そんな疑問の解決に役立つ情報を、『MaaS Now(マースナウ)』は日々お届けします。
本日のMaaS関連記事は以下です。

国交省の懇談会、MaaS活用に向けてDeNAなどの民間事業者へのヒアリングを実施(レスポンス)

国土交通省は、1月17日にMaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)を含む様々なモビリティサービスの活用について民間事業者へのヒアリングを実施する。
国土交通省では、MaaSなどの新たなモビリティサービスの活用によって都市・地方が抱える交通サービスの課題を解決することを目指して、日本型MaaSの将来像や、今後の取り組みの方向性などを検討するため、有識者による懇談会「都市と地方の新たなモビリティサービス懇談会」を開催している。
https://response.jp/article/2019/01/16/318085.htm

2019/1/16 レスポンス

デンソー、MaaSで必要となる新たなコネクテッド技術、デンソーが披露…CES 2019(レスポンス)

デンソーは、米ラスベガスで開催した家電見本市「CES 2019」に出展し、改良を施したMaaS(Mobility as a Service)向け車載コンピューターのプラットフォーム「Mobility IoT Core」を公開した。前年の開発品から車載コンピューターとして処理能力を高めたのが特徴となる。
近年、何かと話題になっているMaaSでは、それを実現する過程で車両が様々なデータを収集する必要がある。そのためには大容量データをどう扱うかが課題として残る。そこで、車両(エッジ)側でデータをできる限り処理し、クラウド側の負担を減らすことが重要となるとデンソーは考えた。今回、同社がエッジコンピュータとしての処理能力を高めた理由はここにある。
デンソーが今回出展したMobility IoT Coreは、車両の位置情報や車速、操舵、アクセル、ブレーキなどのデータを収集し、それを加工する能力を備えた。その上でデータをクラウドへ吸い上げる設計としている。
https://response.jp/article/2019/01/16/318096.html

2019/1/16 レスポンス

ジャパンタクシー、タクシービッグデータを活用する「モビリティ研究開発部」を新設(レスポンス)

タクシーアプリ「ジャパンタクシー」を展開するジャパンタクシーは、配車プラットフォーム・決済プラットフォームに続く新たな主要事業として、タクシーから取得できるビッグデータを活用する部署「モビリティ研究開発部」を1月15日に新設した。
同社の岩田和宏CTOをはじめ、約10名の専任スタッフが在籍し、タクシーにまつわるデータを「ジャパンタクシー データプラットフォーム」として集積・分析し、未来の自動運転社会など移動のためだけでなく、生活をより良くするためのソリューション提供を様々な企業へ行なっていく。
https://response.jp/article/2019/01/16/318069.htm

2019/1/16 レスポンス

ルクセンブルク、公共交通を全て無料へ 渋滞・環境対策(CNN)

ルクセンブルクは、来年3月以降、国内の電車やバスなど公共交通機関を全て無料にする方針を明らかにした。渋滞緩和と環境対策が目的だという。
(中略)
政府の持続的成長・社会基盤省がまとめた報告書によると、主な通勤手段は車で、国民1人当たりの渋滞損失時間は年間33時間に達していた。
公共交通機関無料化の費用は政府が負担する。専門家によれば、政府が車離れを促すことで、車に依存してきた文化は大きく転換することが期待される。
https://www.cnn.co.jp/travel/35131303.html

2019/1/16 CNN

DiDiのタクシー配車アプリの日本での使い方は? プロモーションは? 大阪で展開(自動運転ラボ)

ライドシェア大手として、アメリカの「Uber Technologies(ウーバー・テクノロジーズ)」と双璧をなす中国の「DiDi Chuxing(滴滴出行:ディディチューシン)」。2018年9月に揃って日本国内におけるタクシー配車サービスを正式にスタートし、エリア拡大を図っている。
外資系のサービスとして比較されることが多い両社だが、果たしてどちらに軍配が上がるのか。DiDiアプリの使い勝手や今後の展開などから、その軍配の行方に近づいてみよう。
https://jidounten-lab.com/u_didi-taxi-app

2019/1/16 自動運転ラボ

ウーバータクシー配車アプリの利用方法!名古屋や大阪で展開、プロモーションは?(自動運転ラボ)

2018年9月に名古屋市を皮切りにタクシー配車アプリの事業化を本格化させた米配車サービス大手の「Uber Technologies(ウーバー・テクノロジーズ)」。2019年1月には大阪・仙台・福島・青森と順次サービスエリアを拡大する。
この勢いはまだまだ続きそうで、近い将来、自分が暮らすまちでもウーバーの配車アプリを使用する機会が訪れるかもしれない。
来たるべきに日に向け、今回はウーバーアプリの使い方や評判を紹介し、同社の今後の展望にも近づいてみよう。
https://jidounten-lab.com/u_uber-taxi-japan-app

2019/1/16 自動運転ラボ

産学官による自動運転の研究成果発表!内閣府SIP、ダイナミックマップの体験型デモも(自動運転ラボ)

内閣府の「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」の「自動走行システム」に関する催しが、2019年2月6日と7日、東京・有明の「TFTホール」(東京都江東区)で開催される。
イベント名は「自動運転のある未来ショーケース~あらゆる人に移動の自由を~」で、産学官が連携して5年間取り組んできた自動運転に関する研究成果を発表する場になる。
開催時間は両日とも午前10時半から午後5時。入場は無料。事前登録制だが当日参加も可能。詳しくは「自動運転のある未来ショーケース:公式サイト」も参照。
https://jidounten-lab.com/w_sip-autonomous-event

2019/1/16 自動運転ラボ

akippa、JR東日本グループ運営の東京駅直結サピアタワー駐車場の貸し出しを開始(LIGARE)

駐車場予約アプリ「akippa」を運営する akippa 株式会社(以下、akippa)は、株式会社ジェイアール東日本ビルディングが運営する東京駅直結のオフィスビル、サピアタワーの駐車場の貸し出しを2019 年 1 月 11 日より開始した。今後、JR 東日本グループが管理する様々な不動産への導入を提案し、遊休地の活用によるパークアンドライドを推進する。
https://ligare.news/story/akippa_jr_east/

2019/1/16 LIGARE

ニュースカテゴリの最新記事