2019年1月18日のMaaS関連記事

2019年1月18日のMaaS関連記事

「MaaS界隈で今、何が起きているのか?」

そんな疑問の解決に役立つ情報を、『MaaS Now(マースナウ)』は日々お届けします。
本日のMaaS関連記事は以下です。

国交相、ダボス会議出席「国際的な議論リードしたい」(産経新聞)

石井啓一国土交通相は18日の閣議後記者会見で、22日からスイス・ダボスで始まる世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)に出席することを明らかにした。
石井氏は23日のダボス会議で開かれる、自動車などの移動手段と組み合わせた新たなサービスを提供するMaaS(マース、モビリティ・アズ・ア・サービス)や自動運転など移動手段の新たな議論を行う「グローバル自動運転・都市交通カウンシル」で共同議長を務める。各国の自動車メーカー首脳や交通政策を担当する政府関係者が出席するカウンシルで、マースなどに関する論点を示した上で議論をまとめる。
https://www.sankei.com/economy/news/190118/ecn1901180024-n1.html

2019/1/18 産経新聞

ジョルダン 英Masabi社と提携 2020年までに日本版MaaSの実現へ(LIGARE)

ジョルダン株式会社は、英国の公共交通チケットサービスを提供しているMasabi社と日本における総代理店契約を締結したと発表した。今回の締結により、交通事業者が Masabi が提供するシステムを用いることで、利用者はスマートフォン上でチケットの購入、乗車までをシームレスに行うことが可能になる。
両社が提携したサービスは、2019年から本格的に提供を開始し、2020年までに複数の交通機関への導入を目標としている。今後は、サービスと交通事業者との連携を拡大し、外国人観光客を含む多くの利用者にとって快適なチケットレスの移動を実現していくことを目指す。
https://ligare.news/story/jorudan-masabi/

2019/1/18 LIGARE

KPMG、自動車業界のトレンド調査結果を発表 「コネクティッドカー」がキーワード(LIGARE)

KPMGモビリティ研究所は、「KPMGグローバル自動車業界調査」の2019年度版を発表した。2030年までの自動車業界においては、「コネクティッドカー」、「EV」などが主要トレンドだと予測される。
(中略)
なお、モビリティサービスに関連する項目に関しては、「MaaS」、「モビリティエコシステムの理解(人の移動とモノの輸送が融合するシステムのこと)」の2項目が挙げられた。しかしながら、日本における関心度はグローバルでの調査結果より明らかに低く、日本の自動車業界経営陣の関心の薄さが浮き彫りとなった。
https://ligare.news/story/kpmg-trend-2019/

2019/1/18 LIGARE

公共交通が示す「ドアtoドア」の未来 鉄道はMaaSの軸になれるのか(ITmedia)

2018年、日本の先進交通分野で頻出した言葉が「MaaS(Mobility as a Service)」だ。報道などを追うと、シェアカーや自動運転など、自動車業界で語られることが多かった。しかし鉄道とも無関係ではない。むしろ鉄道が重要な基軸になると考えられる。
(中略)
自動車のメリットは「ドアからドアへ」。これに対して鉄道などの公共交通機関は「クルマより大人数で、クルマより速く、クルマより安全に、クルマより安く」というメリットがあった。逆に言うと、公共交通機関のメリットよりも「ドアからドアへ」を魅力に思う人々がクルマを買っていた。
(中略)
MaaSによって最適な移動手段をアプリ(クラウドシステム)が選んでくれる時代に、鉄道はどんな存在でなくてはいけないか。アプリが利用者に示した経路から、鉄道を含むルートを選んでもらうためにはどうしたら良いか。鉄道事業者はいま、ここに取り組んでいる。
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1901/18/news030.html

2019/1/18 ITmedia

専用アプリで最新のバリアフリー情報を収集、実証実験を実施へ(レスポンス)

国土交通省は1月15日、誰もが移動しやすい社会の実現に向けてICTを活用したバリアフリー情報の収集手法を検討する実証実験の一つとして、住民や一般による投稿の継続性に関する実証実験を1月19日から実施すると発表した。
国土交通省では、ユニバーサル社会の構築に向けて障害者や高齢者などの車いす使用者がストレス無く通行できるルート案内など、多様なサービスが民間事業者により創出・提供される状況を目指して、ICTを活用した歩行者移動支援サービスの普及展開を推進している。
サービスの実現には、バリアフリーに関する情報が、継続的に広く収集されていくことが求められており、このために容易に情報収集が可能となる仕組みなどを検討している。
https://response.jp/article/2019/01/18/318196.html

2019/1/18 レスポンス

ホンダの底力! 「CES2019」の自動化で何をすべきか問題(日経トレンディ)

玉石混交の「CES2019」をレポート。メルセデス・ベンツの“ハンドルのないクルマ”や、ダイムラーのトラック用自動運転など、クルマメーカーの矜持をかけた新コンセプトが並ぶ中、ホンダが底力を見せた。

【インプレッション】なんだかんだでネタはMaas中心
(中略)
クルマは今やそれ自体で稼ぐビジネスというより、稼ぐビジネスを生みだす舞台になりつつあるのです。ハードはもちろん大切ですが、それ以上にその上で動かすソフトウェアであり、サービスが問題になるわけです。
https://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/1031823/011500186/

2019/1/18 日経トレンディ

『CES2019』で見た「MaaSと自動車の未来」 思わず胸踊るカーライフの進化を追う(Real Sound)

今年も1月7日~11日にかけてラスベガスにて開催された『CES(Consumer Electronics Show)』。家電に限らず様々なテクノロジーが集まるイベントだ。今回はMaaS(Mobility as a Service)を中心に、筆者が見た未来を紹介する。
(中略)
自動運転を念頭に置いたMaaSは、まだまだ開発創生期。今後どんなサービスが乗るか、ソフト面については、無限の可能性を感じつつも、実際にサービスを提供するための「現実的な一歩」も今回展示されていた。もしかしたら完全自動運転より、半自動、もしくは現在のUberのような人の手を使ったMaaSのほうが少し早く目にすることができるかも。そんな期待を持たせられた展示だった。
https://realsound.jp/tech/2019/01/post-306650.html

2019/1/18 Real Sound

IoTやAIを活用した新たなモビリティサービス(MaaS)の普及に向けて、本年2月を「スマートモビリティ推進月間」とし、イベントを開催します!(経産省)

経済産業省では、新たなモビリティサービスの普及促進に向けて、本年2月を「スマートモビリティ推進月間」と位置づけ、新サービス導入による地域モビリティ課題の解決に意欲的に取り組む地方自治体やスタートアップ企業等の取組事例紹介等を行うイベントを実施します。
今回のイベントの成果も踏まえ、来年度以降、地域と企業のコラボレーションを促進するための取組を本格化していきます。
http://www.meti.go.jp/press/2018/01/20190118006/20190118006.html

2019/1/18 経済産業省

19年はスマホ決済勝負の年 中小店舗でも普及加速(日経新聞)

新しい元号が始まる2019年は、多くの日本企業にとって未来を展望する節目の年となるだろう。今年最初のコラムなので、19年を展望したい。
(中略)
移動手段をサービスとして提供する「MaaS(マース)」も18年から盛り上がりを見せている。人工知能(AI)で注目されている自動運転は、自家用車が自動運転車として普及するにはまだまだ10年はかかりそうな状況だ。
一方で、19年は国内でも交通機関の具体的な実証実験がいくつも始まるだろう。バスやタクシー、カーシェアやライドシェア、シェアバイクなど多様な移動手段をアプリひとつで決済する動きはキャッシュレス化と連動しており、マースの普及は日本でも早く進みそうだ。
この流れの中で、19年は交通機関の顧客サービス向けデジタル化投資が進み、従来の交通分類の枠を越えた資本提携なども進む年になるのではないだろうか。
https://www.nikkei.com/article/DGXKZO40125260X10C19A1H56A00/

2019/1/18 日経新聞

ニュースカテゴリの最新記事