2019年1月23日のMaaS関連記事

2019年1月23日のMaaS関連記事

「MaaS界隈で今、何が起きているのか?」

そんな疑問の解決に役立つ情報を、『MaaS Now(マースナウ)』は日々お届けします。

一本目にご紹介する記事は、2019年の自動運転・MaaSトレンドの予測に関する記事です。今年起きると予想される変化や潮流がまとめられています。

目次

2019年:自動運転やMaaS領域におこる変化・潮流10大予測(自動運転ラボ)

国内ではソフトバンクとトヨタ自動車との提携や、米ウーバーや中国DiDiなどのタクシー配車サービス参入などさまざまなニュースが流れ、海外ではグーグル系ウェイモによる自動運転タクシーの実用化で幕を閉じた2018年。コネクテッドカーの普及や空飛ぶクルマの開発なども大きな話題となった。
続く2019年は、果たしてどのような年になるのか。国内外とも2020年を一つのターニングポイントに据えており、来年に向けたさまざま取り組みが表面化してくる可能性が高そうだ。そこで今回は、2019年中に起こりそうな変化やモビリティ業界の潮流について推測してみる。


■レベル3搭載の市販車、国内でも発表へ
■自動運転タクシー・バスの実用化に向けた実験活発化
■タクシー業界が超戦国時代化、プロモーション合戦も
■「トヨタ×ソフトバンク」に続き、IT企業巻き込む連携加速
■空飛ぶクルマ、日本初の有人飛行実施で投資マネー急流入か
■改正道路交通法の成立見越し、保険業界が商品開発に注力
■次なる注目は「自動運転車の中」の覇権争い
■LiDARが低価格化、数百万円から数万円に?
■サブスク型など車の所有の在り方が変わるサービス続々
■技術者不足深刻化…日本でも欧米流のドライな引き抜き合戦
■【まとめ】2020年に向けた重要な変化の年に
https://jidounten-lab.com/y_10-mobility-2019

2019/1/23 自動運転ラボ

続いてご紹介するのは、「CES2019」に見るMaaS・モビリティのトレンドについて考察した記事3本です。

一本目はMaaS Tech Japan代表の日高氏によるCES2019考察記事です。会員限定記事ですが、無料部分のみでも示唆に富んでいます。

ソーシャル系MaaSアプリも登場 プラットフォームの勝者は?(日経クロストレンド)

世界最大の家電・IT見本市「CES 2019」で見えたモビリティの最新トレンドを、MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)文脈で読み解く本特集。第3回は、出展各社が狙う様々なレイヤーのプラットフォーム戦略について取り上げる。SNS機能と融合した新時代のMaaSアプリもリポートする。
(中略)
CES 2019の展示の傾向から、モビリティ分野のプラットフォームを以下のように分類した。このうち、本稿では自動運転やMaaS分野のプラットフォームをめぐる注目の動きを紹介したい。


【自動運転分野】
●自動運転・制御技術のプラットフォーム
 例)センサー技術、映像処理技術、地図技術、運転制御技術など
【MaaS分野】
●モビリティサービスとしてのプラットフォーム
 例)Amazon AlexaやGoogleアシスタントなどの音声UI、配車サービス、物流、販売との連携など
【ハードウエア分野】
●クルマ、乗り物としてのプラットフォーム
 例)シャトル型モビリティ、パーソナルモビリティなど
●稼働部分(下部)としてのプラットフォーム
 例)シャーシ、電動化技術など
●車内(上部)としてのプラットフォーム
 例)車内空間、車内設備、車載器など
※会員限定記事
https://trend.nikkeibp.co.jp/atcl/contents/18/00108/00003/?i_cid=nbpnxr_index

2019/1/23 日経クロストレンド

自動運転とMaaSが世界の共通言語に? 「CES 2019」で自動車会社は何を語ったか(Newsinsight)

テックの祭典といわれる「CES 2019」を取材するため、新年早々から米国・ラスベガスに飛んだ。CESはもともと家電ショーの位置づけだったが、最近は自動運転やAIなどのテック系イベントに様変わりしている。


・テックの祭典に見る自動車業界の現在地
・キーワードは自動運転とMaaS? 自動車大手は何を語ったか
・日本では産官学の自動走行システム研究が進行中
https://biz.news.mynavi.jp/articles/-/2322

2019/1/23 Newsinsight

トヨタが昨年の家電・IT見本市で見せた「箱型EV」の意外な功罪(ダイヤモンド)

今年1月上旬に開催された北米最大のコンシューマーエレクトロニクスの見本市「CES2019」を取材すると、次世代の移動サービスをコンセプトした箱型EVによるデモが多かった。これは昨年のCESでトヨタが提案した箱型EVのインパクトがあまりにも強かったためであるが、同時にイメージを固定化してしまったようだ。


・自動車業界にとっても大イベントとなったCES
・似通ったものが多かった箱型EVのデモ
・昨年のトヨタのインパクトが強すぎた
・MaaSのイメージを定めたトヨタの功罪
https://diamond.jp/articles/-/191636

2019/1/23 ダイヤモンド

東急電鉄のMaaSに関する取り組みが顕著です。

東急電鉄は2018年にコペンハーゲンで開催されたITS世界会議においてMaaSへの本格参入を表明しており、2019年春には鉄道・バス・タクシー・シェアサイクル(もしくはレンタサイクル)の事業者と協力し、経路検索・決済・宿泊先の予約が一つのアプリで完結するMaaSアプリをリリースし実証実験を行う予定です。

今回ご紹介する記事は、東急の「通勤バス」と「オンデマンドバス」に関するMaaS実証実験記事です。

東急が「郊外型MaaS」実証実験 背景に地域の高齢化(ホウドウキョク)

次世代の交通や街つくりにつながる、新たな実験がスタート。
わたしたちの暮らしは、どう変わるのか。
22日朝、神奈川・横浜市郊外の東急田園都市線たまプラーザ駅から、大型バスに乗り込む人たち。
中をのぞくと。
雑誌や飲料水が備え付けられた革張りのシートに、無料Wi-Fiも完備。
一見、旅先に向かう高級バスのようだが、これは、東急電鉄が22日から実証実験を開始した「ハイグレード通勤バス」。
混雑することで知られる、東急田園都市線のたまプラーザ駅から渋谷駅の間およそ16kmを1時間半で結ぶ、必ず座れる通勤バス。
利用者は、「体が全然楽ですね」、「(普段は)パソコンのチェックどころか、下手したら携帯を見ることもしんどいような混雑になるので」などと話した。
東急電鉄はさらに、スマートフォンで予約を受け付け、予約がない場合は運行しない「オンデマンドバス」や、坂道や狭い道の多い住宅街でも、気軽に借りて運転できる「パーソナルモビリティ」の導入など、たまプラーザ駅周辺で、郊外型MaaSの実証実験を始めた。
※動画あり
https://www.houdoukyoku.jp/clips/CONN00410385

2019/1/23 ホウドウキョク

「必ず座れる通勤バス」新たな移動手段『郊外型MaaS』に向けた取り組みの狙い(FNN PRIME)

次世代の交通や街つくりにつながる、新たな実験がスタートした。
22日朝、神奈川県横浜市郊外の東急田園都市線たまプラーザ駅には、大型バスに乗り込む人たちの姿があった。バスは雑誌や飲料水が備え付けられた革張りのシートに無料Wi-Fiも完備。
一見、旅先に向かう高級バスのようだが、これは東急電鉄が22日から実証実験を開始した「ハイグレード通勤バス」。
混雑することで知られる東急田園都市線のたまプラーザ駅から渋谷駅の間およそ16kmを1時間半で結ぶ、必ず座れる通勤バス。
利用者は「体が全然楽ですね。普段はパソコンのチェックどころか、下手したら携帯を見ることもしんどいような混雑になるので」などと笑顔を見せる。
https://www.fnn.jp/posts/00415130HDK

2019/1/23 FNN PRIME

このままじゃゴーストタウン 高齢化進む東急沿線の住宅地、オンデマンドバスが変えるか(乗りものニュース)

東急電鉄が、たまプラーザ駅周辺の住宅街で「オンデマンドバス」の実験運行を開始。住民の予約に応じて運行し、地域内の主要施設を巡回します。高齢化が進む地域に「新たな足」を提供することで、地域を変えようという試みです。
東急電鉄が2019年1月23日(水)から、田園都市線 たまプラーザ駅(横浜市青葉区)近くの住宅街を巡回する「オンデマンドバス」の実験運行を開始しました。
このオンデマンドバスは、東急電鉄らによる「郊外型MaaS(Mobility as a Service)」実証実験の一環。「MaaS(マース)」とは、利用者の目的や嗜好に応じて最適な移動手段を提示するサービスのことです。今回は、たまプラーザ駅北側の「美しが丘地区」でこのバスを運行し、地域住民の高齢化といった課題解決に役立て、「MaaS」事業の可能性を検討することを目的としています。
https://trafficnews.jp/post/82703

2019/1/23 乗りものニュース

東急だけでなく、他のプレーヤーも日本におけるMaaSサービスを開始しようとしています。そういった取組みに関する記事を3本ご紹介します。

2019年はこうしたMaaSの本格的な取り組みが更に加速していくことが予想されますし、期待したいと思います。

乗換案内のジョルダン、「モバイルチケットサービス」提供へ MaaS事業を強化(自動運転ラボ)

自動運転ラボ乗換案内サービスを手掛けるジョルダン株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:佐藤俊和)は2019年1月22日までに、経路検索やチケット購入・乗車をスマートフォンだけで完結させる「モバイルチケットサービス」を、2019年から本格的に提供開始すると発表した。
ジョルダン社はモバイル向け交通チケットサービスを世界展開する英Masabi(マサビ)社と日本における総代理店契約を結んだことを発表している。Masabi社のシステムを活用してモバイルチケットサービスを日本で展開していくものとみられ、2020年までに複数の交通機関への導入を目指す。
https://jidounten-lab.com/w_jorudan-mobile-ticket-masabi

2019/1/23 自動運転ラボ

Uber Taxi、大阪でのサービス開始を発表 日本国内での更なる展開へ(LIGARE)

米配車サービス大手の Uber と株式会社未来都(以下未来都)は、大阪市を中心とするエリアにおいて、Uber アプリを通じたタクシー配車サービスを開始する。同エリアでは Uber アプリをタップするだけで未来都のタクシーを呼ぶことが可能となる。Uber とタクシー会社との連携は、国内では名古屋に次いで2例目となった。
https://ligare.news/story/uber_taxi_miraito/

2019/1/23 LIGARE

ブリヂストン、オランダ・Tom Tom社のデジタルフリートソリューション事業を買収(レスポンス)

ブリヂストンは1月22日、欧州子会社を通じ、オランダ・Tom Tom社のデジタルフリートソリューション事業を買収したと発表した。買収金額は9億1000万ユーロ(約1138億円)。
Tom Tom社は、多様な文化・法律・交通システムを持つ欧州で、業界をリードするデジタルフリートソリューションプロバイダーだ。
(中略)
ブリヂストングループは、これまで培ってきたタイヤに関する知見、グローバルサービスネットワークと、Tom Tom社のデジタルフリートソリューション事業を融合することで、MaaSに象徴される次世代のモビリティ社会を支える新サービスの提供を目指す。
https://response.jp/article/2019/01/23/318351.html

2019/1/23 レスポンス

MaaSの実現に向けたバスの位置情報データ活用、IoTデータを活用した除雪作業、活用に関する取り組みも活発化しています。

そういったデータ活用・データ連携の取り組みに関する記事を2本ご紹介します。

バスの位置情報など有効活用、データを標準化へ 国交省(レスポンス)

国土交通省は、バスの位置情報など、動的情報を有効活用するための検討を開始すると発表した。
バス交通の遅延情報や運行情報など、動的情報については、バス事業者のホームページで入手できる環境が整いつつあるが、効果的にデータは活用されておらず、未導入の事業者も多いのが実状。
(中略)
このため、「バス情報の静的・動的データ利活用検討会」を新設して、バス事業者が所有する動的データから得られる情報を整理し、データの標準化を目指すとともに、静的データフォーマットを含めて、標準化したフォーマットの継続的な更新のあり方を検討する。
https://response.jp/article/2019/01/23/318357.html

2019/1/23 レスポンス

IoTを活用して除雪車の運行を支援—システムを開発(レスポンス)

Momoとビッグローブは、無人積雪量測位と除排雪車の運行管理をIoTで連携する統合的除排雪システムの、2019年8月からの販売に向けて協業を開始すると発表した。
雪寒地域では、降雪対策が交通、通信、医療などの機能維持のため重要だが、高齢化による人手不足が進む一方で、異常気象による集中降雪など、タイムリーな対応が求められている。限られた人手と設備で降雪量を正確に把握し、効率的に除排雪することが課題となっている。
(中略)
会津若松市の無人積雪測位データと除排雪車の運行管理システムを連携させることで、統合的除排雪システムの実効性を検証する。
https://response.jp/article/2019/01/23/318362.html

2019/1/23 レスポンス

最後にご紹介するのは、経産省が実施予定のMaaS連携促進イベントに関する記事です。

2月は「スマートモビリティ推進月間」 地方と企業のMaaS連携促進へイベント MONETも参加(自動運転ラボ)

経済産業省は2019年2月を「スマートモビリティ推進月間」と決め、同月中に2つのイベントを実施する。MaaSなどの新たなモビリティサービスに取り組む自治体やスタートアップの事例などを広く共有する場にし、地域と民間の連携加速に結びつけることが目的だ。
▼2月7日(木)
・株式会社未来シェア:AI(人工知能)を活用したリアルタイム配車システムを提供
・株式会社Azit:ドライブマッチングアプリ「CREW」を展開
▼2月14日(木)
・Via Transportation:ニューヨークなどの大都市で格安ライドシェアサービス「Via」を展開
・WHILL株式会社:自動運転システムを活用した電動車椅子などを開発
▼2月21日(木)
・akippa株式会社:駐車場予約アプリ「akippa」を展開
・ダブルフロンティア株式会社:買い物代行サービス「Twidy」を展開
▼2月21日(木)
・株式会社電脳交通:クラウド型タクシー配車システムで配車業務を最適化
・株式会社NearMe:同方向へのタクシー相乗りサービスで乗車を効率化
・株式会社notteco:コストシェア型の相乗りマッチングサービスを展開
https://jidounten-lab.com/w_smart-mobility-event-feb

2019/1/23 自動運転ラボ

本日ご紹介のMaaS関連記事は以上です。

Twitter (@maas_now) でも日々MaaSの最新情報を発信しておりますので、ぜひフォローいただけますと幸いです。

ニュースカテゴリの最新記事